tanama-Artist-photo_re
小1の頃からピアノを始め中学に入って吹奏楽でパーカッションを担当。
高校に入ると軽音部でバンドを結成し「ドラムが居ない。。」が理由でドラムを担当する事になる。
コーラス兼ドラムで活動を始めるが、YUIなど女性シンガーソングライターの影響を受け始め
「ギターを弾きながら歌を歌いたい!」衝動にかられる。
大学入学と同時にバンドを解散しアコースティックギターに転身し作詞作曲も始める。
アメリカや中国での体験から、音楽は世界共通で、言葉が通じなくても、どんな人でもつながれる、
音楽の力の凄さに気づき、女性シンガーソングライターの道を志すようになる。
2014年2月より絵本のようなストーリー性のあるポップな楽曲で横浜を中心にストリートライブを始める。
2014年4月オリジナルソング5曲を引っ提げて、錦糸町のすみだストリートライブにライブ経験ゼロにして、
予選大会、決勝大会ともにお客様投票数が2位となり、お祭りの要である野外ステージに立った。
もっと音楽を極めてからステージに立ちたいと、音楽活動を休止して、曲を作ったり、ボイトレに通い、
ギターの練習を毎日する日々を送った。
同年9月、YUIなどを手掛けたプロデューサー近藤ひさし氏が、主催する「みつばち軽音部3期生」オーディションに参加し 500組を越える応募の中より楽曲クオリティーと声質、キャラクターなどが評価され「みつばち軽音部3期生」8組に選ばれる。
半年に及ぶ軽音楽部の活動とストリートライブで着実に動員を伸ばし2015年3月29日にみつばち軽音部を卒業する。
卒業後は、渋谷Milkywayを中心に本格的にライブハウスでの活動もスタートさせる。
2015年8月8日(ハチ公の日)に開催された渋谷Milkywayでの初ワンマンライブは、SOLDOUTし話題を呼んだ。
ワンマンライブでも披露したピアノ、ドラムの演奏は、マルチプレイヤーとして可能性を感じさせられた。
2015年10月14日いよいよファーストミニアルバム「はじめの一歩」が発売される。
今作は、大学生活2年間で書き溜めた数十曲より厳選された6曲が収録されている。